イベント前にはこれ

子供の歯を磨く母親

「白く輝く歯」は、誰もが憧れるものです。「白く輝く歯」を持っている人は表情が豊かで、生き生きと生活を送っています。
積極的で、あらゆる場面において好印象を与えることができます。近年、若年層を中心に「オーラルケア」に関心が集まっています。
通常のケアはもちろん、審美的な治療にも興味を持つ人が増加しています。とりわけ「白い歯」への憧れは、かつてなく強まっています。
一口に「歯を白くする」というのは、通常の手入れでは困難です。効果が表示されているケア商品を使用しても汚れが落ちるだけで、根本的に「白い歯」にはなりません。
本来の歯の色を取り戻すだけです。歯を白くするためには、歯科医院で「ホワイトニング」治療を受ける必要があります。
自分が希望する「白い歯」の色味を選ぶことができ、自然で美しい歯を手に入れることができます。今日、多くの歯科医院で「ホワイトニング」治療を行なっており、以前に比べて治療が受けやすくなっています。

「ホワイトニング」治療を受けるにあたっては、まず口中衛生を改善しておきます。虫歯や歯周病などがあれば、先に治療を済ましておきます。
「ホワイトニング」治療には「過酸化水素水」を使用するので、治療を行なっていない歯に影響が及んでしまいます。そのために、まず口中状態を改善する必要があるのです。
一般的に、歯科医院で行なう治療は、「オフィスホワイトニング」と呼ばれます。これは、1回の治療を行なうだけで効果を実感することができます。
即効性を求める方は、この方法が良いでしょう。一方、「ホームホワイトニング」と呼ばれる治療があります。
これは、歯科医院で自分にあったマウスピースを作ってもらい、そこに過酸化水素水を入れて自宅で行なう方法です。即効性はありませんが、手軽にできるため人気があります。
また、歯の白さが長続きするのも長所の1つです。歯を白くしたいと考えたら、まず歯科医に相談することが大切です。
どちらの方法が自分い合っているのかよく考え、治療を行なうことが大切です。また、アフターケアが充実しているか等、トータル的な視点で歯科医と治療法を選択することが大切なのです。