人口歯を使う

歯磨きする外国人女性

歯が黄色くなってしまっていませんか。
タバコのヤニや歯石の累積により、人の歯は本来の白色から次第に黄色になってしまいます。
これは歯科医院でホワイトニングを受けることで白色に戻すことが可能です。
残念なことに医療福祉の範疇にないため、保険適用外となってしまい、かなりの費用がかかります。
このため結婚式などよほどの理由が無い限り、二の足を踏んでしまうというのが現状かと思います。
しかし、歯は話をする際に確実に見えてしまう部分です。
写真を取るときも少し歯を見せる程度で笑うのがよいとされています。
このため、どうしても黄色い歯を人に見せざるを得ないのが現状でしょう。
周囲が白い歯の中で、自分だけが黄色では目立ってしまうため、可能ならばホワイトニングすることが重要です。

実はホワイトニングは自宅ですることが可能です。
専用のジェルを歯に塗り、30分から60分ほどマウスピースをはめることで、歯にジェルを浸透させます。
価格は1万円程度が多く、歯科医院でのホワイトニングと比較すると安くなっています。
自宅で行うため、わざわざ歯科に行かなくてもよいため自分の空いた時間で出来る簡便さがメリットの一つです。
デメリットを上げると、ジェルの効果が歯科医院で使うものよりも弱く、効果が出るまでに1週間ほどかかるという点です。
本来ならば専門家が使うジェルを素人が安全に使えるようにしているため、意図的に効果を薄めているためです。
よって急いでホワイトニングする必要がある人には向いていません。
選択肢の一つとして捉え、自分のニーズに合わせて利用するとよいでしょう。